2017年9月21日木曜日

Everlasting Wet Palette使ってみた

ご無沙汰しております、Villageてんちょです。
先日キックスターターが開始し、1時間もたたないうちに成功を収めて現在も支援者を拡大中のステキなパレットについて、今回はその素晴らしさについて皆様にお伝えしようと思います。


■概要
そもそもこれは何なのか、と言うお話からいたしましょう。
ミニチュアペイントを楽しまれている皆さんはウェットパレット、またはウォーターパレットと言うものをご存知かと思います。タッパーなんかにスポンジを敷いて水を含ませた上にクッキングペーパーやトレーシングペーパーを置いてパレットにすると塗料が乾きにくい、っていうアレです。

いろんなメーカーから発売されていたりするんですがミニチュア向けに発売されているのはPrivateer Press社のP3ウォーターパレットくらいなもので、多くの方は自作のものを使用されているかと思います。

画材屋さんなんかでも売ってるんですが、自作のものも含めて大抵のものはスポンジが給水保湿要因として使われてますね。台所用のスポンジなんかを使用している方も多いと思います。お手軽に用意できますし、使い勝手もまあそんなに悪くはないと思います実際。

ただこのスポンジ、たいていの場合表面が平滑でない為 に部分部分で機能に差が出てしまったり、空洞が多いことによって場合によってはカビが発生したりといろんなお悩みポイントがあるのです。それを嫌ってキッチンタオルなんかに水を含ませた上に紙を引いて使われる方もいるようです。

そこで今回ご紹介するのが、この素敵なパレットです。
まずはどんなものかご覧ください。


A5サイズのシートを利用するコンパクトなケースでオシャレ。これが、フランスのRedgrass Gamesが送り出す最新のウェットパレット、その名も Everlasting Wet Paletteです。


■特徴
このパレットが実際何がいいのか、という部分を解説してまいりましょう。

その1: コンパクトかつ専用設計でストレスフリー
先ほども言いましたがこのパレットはA5サイズのシートを使用するため、非常にコンパクトです。
本体はABS製の専用デザインで、水漏れ防止のストッパーもついています。

サイズとしては14.5cm x 19.5cm、厚さは2.5cm。小さすぎず大きすぎず、日本の住宅事情的に作業スペースが広くとりにくい方でも使いやすいサイズです。個人的には薄いことは非常にありがたいですね。シート、フォームに合わせて設計されているのでスポンジとケースのサイズや証するシートのサイズが合わずにイライラするということもありません。付属のシートは通常100枚ですが、150枚や200枚のシートが付属するタイプも用意されています。


その2: 高性能かつ使いやすいフォーム
このパレット最大の特徴と言えるのが、その給水フォーム。 スポンジではなく柔らかいしゃもあタイプのフォームを採用しております。このフォームはスポンジのように表面がざらっとしておらず平滑なため、シートを置いたときに偏ったり混色の際にスポンジの穴に筆が捕まってシートを突き破ったりと言ったことがありません。

その保湿性能も申し分なく、3日ほど連続で使用しても問題がありませんでした。 スポンジタイプに比べるとその乾かないっぷりは段違いに良いし、カビることも稀です。もし汚れてしまっても、簡単に水洗いをすることができます。洗濯ネットなどに入れて洗濯機で洗っても大丈夫でしょう。

使用後の保管も簡単なのは好印象です。


その3: 可能性を感じるアタッチメント機能
このパレットは2か所にマグネットが設けられており、アタッチメントを取り付けることができます。
今のとことアタッチメントはウォッシュなどに使用できる丸皿アタッチメントだけですが、今後たくさん増えていくかもしれません。


この丸皿パレット、結構便利なんですよ。流れやすいウォッシュ系カラーを使うだけでなく、メディウムや水を入れてもいいですし、金属色を使用する際に使ったり(金属色は水分が多くなりすぎると使いにくいので)、多彩に活躍します。使用後は固まったカラーを剥がしたり、しつこい場合はアルコールなんかで拭き取ればOK。


その4: 持ち運びも保管も簡単
ゲームショップに持ち込んだり、ペイント会に参加したり、自宅で塗ったりと作業の環境は様々ですね。その際いつも使っているパレットが持ち運びに適しているかどうかは非常に重要な要素の一つです。

このパレットはコンパクトであるだけでなく携帯性にも優れており、バンド1つで止めるだけで簡単に持ち運びができるようになります。

このバンド部分に筆とか挟んでもいいかもしれませんね。
自室で作業する際にも蓋をしておけば次の日にも続けてスムーズに作業に移れることでしょう。サンプルが届いてから僕はそういう使い方をしていますが、3~5日くらい普通に使えますね。

そうそうこのパレット、フォームが2枚付属しているので蓋の方もパレットとして使えるんですよ。


タッパーじゃこの芸当はできませんね。


■使用感
作業終了時(月曜日21時)

作業再開時(水曜日14時)

こんな感じで間がちょっと空いても蓋してればそのまま作業に戻れます。過剰にカラーに水分が移りすぎるということもありませんね。

作業中はこんな感じ。水分があふれる!みたいなことはないのでグラデーションをパレット上で作って、そのままミニチュアを塗るという使い方をしたりしています。スポンジだとこの辺の調整が結構難しいんですよ。

セットアップ方法はちゃんと動画で解説されるという親切っぷりなので、不安な方も安心です。
ちなみにこのサンプルではフォームの色は白ですが、製品版はグレーです。


■入手方法
さて、肝心な入手方法です。
このプロジェクトは10月13日までキックスターターのプロジェクトページで出資を募っています。開始50分足らずで目標額は達成し、すでに成功したプロジェクトです。

用意されているプレッジは以下の通り。


そうそう、大きいのが欲しい人のためにスタジオペインターバージョンも用意されています。
こちらのサイズは20cm x 30cm x 2.5cmとなっております。

それぞれパレット本体、フォーム2つ、アタッチメントパレット1つにシートが100,150,200枚から選べるようになっています。欲張りなあなたの為に2つセット、グループで注文する場合にお得な6個セットなんかも用意されています。


購入するためにはまずキックスターターのアカウントを開設する必要があり、有効なクレジットカードが必要です。アカウントを持っていない場合はまずキックスターターのアカウント登録ページを訪れ、アカウントを作成してください。Facebookのアカウントを持っている方は連携ログインもできます。現在は日本語になっているので入力に手間取ることはないかと思います。

ログインした状態でプロジェクトのページを開くと選択できるプレッジが表示されていると思いますので、そのうち一つを選び、確認画面でクレジットカードの情報を入力したら完了!代金はプロジェクトが成功しているので10月中にクレジットカード宛に請求されます。



この素晴らしいパレットをぜひ、あなたのペイントツールに加えてみてください。余計なストレスから解放されたペイント体験があなたを待ってますよ!


Makoto Takahashi
Village Games

2016年9月14日水曜日

そうだ、ゲームを作ろう

生きてます、村のてんちょでございます。
どうにも筆不精、1年半も放置しっぱなしだったわけですがその間も元気にミニチュアゲーム、やってます塗ってます。

ウォーマシンもマーク3となり、新たなゲームギルドボールも取り扱いを開始、X-WINGも再燃してお客さんが増えたりといろんな変化のある一年半でございました。

そんな折ではありますが、ひょうんなことからゲーム作らんとねって話になりまして、ぼちぼち重たい腰を上げているところであります。まあ、完成までにはホントに長い時間がかかるだろうし、直ぐ動向と言う話ではないのですけどね。

そんなわけで、しばらく村では謎のゲームの調整が行われることと思います。
もし興味がある!と言う方はなにゃかんやで遊んでみてください。

2015年3月24日火曜日

Journeyman Leage is comming soon!



ご無沙汰しています、Villageてんちょです。
年末に右手中指を骨折し、ペイントから離れていたせいですっかり更新が滞っておりました。

さて、タイトルの通り、Villageでもジャーニーマンリーグをが始まりますので、その詳細を。
twitterなどではすでに関東のジャーニーマンリーグが活発に行われいて話題沸騰!と言う感じですが、違う部分もありますのでご参加の方は是非ご確認をお願いいたします。

まずは公式のページから。
JOURNAYMAN LEAGUE RULE - PRIBATEER PRESS 

バトルグループボックスや推奨バトルグループからスタートし、段階的にアーミーを拡張しながら6シーズンを戦うといった内容になっております。上記リンクにあるPDFルールは日本語版を作成しておりますので、参加される方は店頭でご確認ください。

なお、バトルグループボックスセットや2プレイヤーセット、推奨バトルグループ以外の編成は今回のジャーニーマンリーグではご使用いただくことができませんのでご注意ください。必ず決められたバトルグループからご選択ください。

期間は6シーズンで、1シーズンごとにポイントやシナリオのルールが変わってきます。
1週間ごとに、と言うルールではありますが日本だと商品の供給能力に限界がありますので、1シーズンを2週間で行い、合計12週間でリーグを開催致します。

現在のシーズンは以下の通りとなります。

WEEK 6: 6/7~6/20 35ポイント戦 無制限

そして6/28(日)には、50ポイントでのスチームローラーイベントを開催の予定です。
リーグ期間中にルールを覚え、アーミーを拡張し、50ポイントのゲームを目指しましょう!

なお、本リーグはアイコノクラズムさんと共同開催となります。アイコノクラズムさんでは1週間ずつずれて、4/5からのスタートとなります。

リーグ期間中はどの週からでも参加OKです。
すでに先行受け付けを開始しております。リーグへの参加費は500円、プレイの際には別途プレイスペースの利用料がかかります。

平日、休日を問わずゲームをすればポイントが加算されていきますので、どんどんゲームをしてどんどん塗りまくりましょう!

2014年12月3日水曜日

Speed Painting



今回はお客様のご依頼品の黄金のケイドア!
デヴァステイターとメカニック、そしてそのオフィサーを塗らせていただきました。

今回は色が付いていればいいということでしたのでサクッと、それでいてそこそこのクオリティで。
全部で2時間の作業でした。

Today's model from customer commission.
This time I paint Dvastator, Battle MEchaniks, and Mechanik Officer.

Customer want speedy, because I paint their with low quality.
I use 2 hours to this work.

2014年11月30日日曜日

Tartaros's Gate

本日30日は、クラブチームタルタロスの例会が開催です。
ペイント、ゲーム、どちらもお楽しみいただけて終日1000円ポッキリ!

Today we hold the meeting by club team Tartaros.
You can play the game, modeling, and painting, by only 1,000yen/day.
Join us!


ここ数日はあまり塗れてないのですが、少しだけ。

Little updated my Skorne and commissioned models.













そして塗ってる途中のザークシスの進捗。

...and, my Xerxis's progress report.






2014年11月18日火曜日

Weekend Games


さてさて週末はそれなりに忙しく、実はペイントは進んでおりません(^^;
と言うわけで本日の更新はゲーム風景を少々。

In the laste weekend, I'm in busy because progress not change lol
So, because today's post is little report of battle view and customer's paint.

雪原でクリクスが対峙するのはトロールブラッド。この直前に店内のエアブラシを利用してサーフェイサーを吹いたばかりのトロールがゲームに望みます。

Cryx army against to Trollblood on the snow field.
This Troll surfaced just before by air brush in store.

  結果はトロールの勝利!

Trollblood won!
こちらはゲーム2回目の初心者さんの希望でリージョンをお使い頂いてシグナーとの対戦。

ゲームはセンチュリオンのチャージによるウォーロックキルでシグナーの勝利に。難しい、といわれながらもリージョンをお買い上げいただきました、ありがとうございます!

Here is Cygnar vs Legion of Everblight. This Legions manipulated by beginner, his play is 2nd time. Killed the warlord by Centurion's charge attack, finished the game.
He said difficult, but he bought Legion army.
Thanks Akio!


こちらはお客様ペイントのサテュロス。肌の表現を模索中。

This model is painting by customer. First try to muscle expression.
本日火曜日はミニチュアゲームの日です、皆様のご来店をお待ちしております!

Today we hold the weekday miniature gaming event, join us!

2014年11月15日土曜日

Recent Work, and New Project

さて、最近はスコーンを塗っていると書きましたので今日はその進捗報告でも。
今日から塗り始めたユニットも合わせてご覧ください。

I said "I painting Skorne during recently time". Today, reveal them models and introduce new project.


まずは前回もご紹介したモリック・カーン。

First, Molik Karn.




ベースにはシタデルのひび割れる奴を使用。タフトはアーミーペインターのもの。
牙を塗り忘れてて、この後塗りました(^^;

I used cracking paints for base. Tuft from Army Painter.
I missing fang paint, because I paint it after lol






こちらはガルガンチュア、マンモス。とにかくデカイ、重い!

He is Mammoth, the gargantuan. So huge and so heavy!




このちびっ子はスコーンのソロ、アゴナイザー。舌はグリーンスタッフで追加しました。

This little boy is Agonizer, solo of Skorne. I add tong by green stuff.




 ブロンズバックタイタン / Bronzeback Titan

そして、今日からペイントを始めたペインギバー、ビーストハンドラー。

And so, Paingiver Beast Handlers started the paint from today.



まだアーミーと呼べるほどの規模ではないけど、店内でちょっとずつ塗ってます。
実物も店頭でご覧になれますし、ペイント教室もできますよ!

There cannot call the army yet, but I keep painting in store.
Models you can see on the store, and I can teach paint to you!

If you have interested, join us!